SEO対策本 | SEO対策ならこの本を読めin四国

  • 0
スポンサーリンク
レンダリング大

アクセスアップに悩む前にポチれ!そして読め!【これマジ】

これからはじめる SEO内部対策の教科書
[amazonjs asin=”4774152943″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”これからはじめる SEO内部対策の教科書”]
著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より
株式会社セブンアイズ代表取締役。福岡大学理学部応用物理学科卒業。SEOコンサルタント。集客マーケティングプランナー。All Aboutプロファイル登録専門家。Webクリエーター上級資格者。

SEOって胡散臭くない?

SEOと聞いてあなたはどのようなイメージを持たれるでしょうか?本書を手に取る前までのSEOに対する僕のイメージはこうです。

  • SEO対策とは小手先のテクニックだけでサイトのアクセス数を伸ばす手法
  • 専門知識が必要で敷居が高い
  • 不透明さに乗じたSEO業者が幅を利かせている

著者もこのようなイメージが強いSEO業界に対して「本当にこのままでよいのだろうか?」と述べたうえで、SEO対策についてこう喝破しています。次の言葉こそ本来のSEO対策なのです。

SEO対策はとてもシンプルなものなのです。SEO対策の共通部分として根底に流れるものは、ユーザビリティに配慮した作りになっていること

誤解を恐れず言えば、そのサイトに訪れるユーザーと、そのサイトの情報を必要とする人に届けることが使命の検索エンジンにとって「使える仕様」つまり、コンテンツ+ソースコードが施されていることこそ最も重要だ。ということなのです。

Googleの検索エンジンにおけるシェアは90%!

ここで日本における検索エンジンのシェアを調べてみましょう。
検索エンジンシェアグラフ
上記のグラフは2015年2月26日のサーチエンジンシェアです。赤が「Yahoo!Japan」で緑が「google」。一見すると日本における検索エンジンのシェアは「Yahoo!Japan」がトップだと思うかもしれません。しかし、それは間違いで、2010年12月より「Yahoo!Japan」は検索エンジンに「google」を採用したのです。このことは重大な出来事で、ウェブサイトの管理者は知っておかなくてはならない事実なのです。つまり検索エンジン=googleだということです。(日本のgoogleの検索エンジンシェア率は90%)

話をSEOに戻せばSEO対策=google対策となるのです。本書にもこう書かれています。

検索エンジン(google)にとってわかりやすいサイト=検索エンジン(google)が適切に評価できるサイト=正しいソースコードで作られているサイト

今後はスマホの爆発的な普及で、SNSでのシェアがサイトのアクセスアップにつながっていく傾向にありますが、もちろんgoogleもスマホへの対策には力を入れていきます。だからこのことは忘れないでください。seo対策=google対策であるこは今後も間違いありません。

検索結果トップに表示された!「ネットショップポータルec四国(当サイト)」

本書に書かれている内容を紹介するのは控えます。なぜなら著者も正直に語っているように「書籍ではなく、情報商材として確実に高額で売れる」内容だからです。ネットストアの管理者にとって必読の一冊であるこは間違いありません。目的のための手段としてのSEO対策を今すぐ行うべきです。

ちなみに当サイトも本書を参考にし、サイト構築を実施した結果「ec」「四国」というキーワードで約890,000 件中1番目に表示され(2位は四国地方整備局、3位は楽天市場)、「eコマース」「四国」のキーワードで約 187,000 件中2番目に表示(1位は楽天)されています。サイト開設してからたったの1週間で。これがオールオブゼムです。これこそ本書の結果なのです。ど素人の僕が本書に書かれた内容に従っただけです。すごくないですか!?

googleの検索結果「ec」「四国」というキーワードで約890,000 件中1位!
ec四国のgoogle検索結果

googleの検索結果「eコマース」「四国」のキーワードで約 187,000 件中2位!
ec四国の検索結果その2

検索上位に表示されないことは「存在」していないのと同様

僕が言いたいのは、あなたの提供するサービスや商品が本物なら「存在する」ことでハッピーになれる人が必ずいるってこと。正しいSEOの知識を手に入れることで「存在」しなくてはいけないのです。なぜならば、正しいSEO対策を講じなければ「存在していない」と等しいのですから…。

  • 営業なんてできない無口な職人さんにこそ読んでほしい。
  • 僕たちをハッピーにできるSEOの手法が書いてある。
  • SEO対策とは「存在」を知らしめるための手段。

最後に

本書にも紹介されていますが、著者が運営するサイト、SEO対策やホームページ制作を請け負う「株式会社セブンアイズ」の【title】をご紹介します。

「SEO対策福岡 | SEOなら7アイズ」

だからどうした?って思いますよね。しかし、このたった16文字のタイトルにも、ユーザービリティを向上させるため、そして検索エンジンでの上位表示のためのある「法則」に従ってつけられているのです。そして、このタイトル1つでアクセス数が圧倒的に変わるのです。(詳細は本書をお読みください)

[amazonjs asin=”4774152943″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”これからはじめる SEO内部対策の教科書”]

そして、Googleのミッションをシェアします。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

四国のネットショップ(全283件)

スポンサーリンク
レンダリング大

フォローする

スポンサーリンク
レンダリング大