ネット通販人気|朝採り山菜を当日発送|河北新報

  • 0

四国でも商機あり!?「昔からある山菜でも、食べたことない人にとっては新しい食材」

山菜獲り

秋田県小坂町の地元企業「あきた森の宅配便」が手掛ける予約制の山菜のネット通販が人気を集めている。地元の山を知り尽くした「名人」たちが朝採りした山菜を、その日のうちに発送する鮮度や味が受け、リピーターも増えている。
同社は、地域の産品を通して地域おこしをしたいと、栗山奈津子さん(26)の家族らが2006年に設立した。昨年、栗山さんが社長に就いた。
扱う山菜はタラノメ、フキノトウ、葉ワサビなど十数種類に上る。「山菜は素人が行ってもすぐには採れない」と栗山さん。「代行サービス」と銘打ち、小坂町や大館、鹿角両市の50~80代の男女25人に山菜採りを依頼する。いずれも幼いころから山に入り、山菜の旬を見極める目を持つ人ばかりだ。

この記事をすべて読む

そういえば徳島の山の中では車を止めて山菜を採っている人もたまに見かける。
しかも近くの旅館やホテルなどではそこそこいい値段で販売されている。徳島県上勝町の葉っぱビジネスではないが、ビジネスチャンスはあるのではないか?
地元の人しか知らない(っていうか到底立ち入ることができない)場所によってはマツタケや、タケノコ、ワラビ、シソなどまだまだ採れているらしいし。記事にもある通り「リピーター」が増えれば増えるほど、生産者と消費者にとってプラスのサービスになるのでは。

スポンサーリンク
レンダリング大

フォローする

スポンサーリンク
レンダリング大